SPGアメックスの後継カードが販売!?日本での時期はいつ?アメリカ版との特典を比較してみた!

国内最強クレジットカードとも名高い『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称SPGカード)』。

その後継型とも言われているのが『マリオットボンヴォイアメックスカード』!
2021年には販売が日本でも開始されると言われていますが、販売時期はいつなのか?
SPGカードとの関連性はどうなるのか?など、調べてみました。

 

スポンサーリンク

そもそもSPGカードって何?

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称SPGカード)』とは、アメックスカードの種類の1つで、色んな特典やついていたり得られるポイントが高かったりと評価の高いクレジットカードです。

 

 

このSPGカードを使った際に貯まるポイントが『マリオットボンヴォイポイント』になり、マイルであったり宿泊であったりと色んなものへと変換できるのです!
(ポイントを使用するには、マリオットボンヴォイの会員になるのが必須です。)

筆者も最近になりSPGカードを所持するようになりましたが、色んな特典が素晴らしいのでおススメしております!
また、旅行やホテルへの宿泊・飛行機での移動が多い方には究極の1枚とも言われています!

簡単に説明するだけでも、

  • 入会直後から30000ポイント加算!(知り合いからの紹介が必要)
  • マイルにポイントを移行すると1.25%のボーナスが付く(60000ポイントでボーナスが付く)
  • マリオット系列のホテル宿泊が年1回無料になる(2年目以降の継続で可能。※ホテルランク制限付き)
  • 連携している空港のラウンジが無料で使える!
  • ホテルの部屋のランクがアップする!

 

など、沢山の特典が付いております。
(今なら 2021年5月7日(金)から2021年6月30日(水)の期間までに入会した方は、60000(通常の2倍の)ポイントも加算されますので更にお得です!)
その他にも色んなメリットがありますがSPGカードの詳細については、別の記事にて詳しくお話しして行こうと思います。

 

日本版SPGカードの特典!

日本版のSPGカードの特典は以下の様になっています。

 

年会費 34100円 エリート会員 ゴールドエリート獲得
入会ボーナス 最大39,000ポイント(ご紹介プログラムで紹介を受けて入会した場合) 無料宿泊特典 カード継続時に付与(50,000ポイント相当)
ポイント獲得
(通常利用)
100円につき3ポイント エリート資格取得用
クレジット
カード継続時に5泊分の実績を付与
ポイント獲得
(マリオット系列で利用)
100円につき6スターポイント

 

ちなみにエリート会員のランクについては、こんな感じになっています。
まずは【会員、シルバーエリート、ゴールドエリート】から見ていきましょう。

 

会員特典

会員
年間0~9泊
シルバーエリート会員
年間10~24泊
ゴールドエリート会員
年間25~49泊
インターネットアクセス
会員料金
モバイルチェックイン
サービス
完全予約保障
ポイントボーナス
10%

25%
優先レイト
チェックアウト

14時
エリート会員
専用サポート
ウェルカムギフト
客室のアップグレード
ラウンジへのアクセス
客室タイプの保証
年間チョイス特典
(50泊以上)
年間チョイス特典
(75泊以上)
48時間前予約保障
アンバサダーサービス
your24

 

そして、【プラチナエリート、チタンエリート、アンバサダーエリート】はこちら。

 

会員特典

プラチナエリート
年間50~74泊
チタンエリート
年間75~99泊
アンバサダーエリート
年間100泊以上+対象となるご利用金額年間14000ドル
インターネットアクセス
会員料金
モバイルチェックイン
サービス
完全予約保障
ポイントボーナス
50%

75%

75%ボーナス
優先レイト
チェックアウト

16時

16時

16時
エリート会員
専用サポート
ウェルカムギフト
ポイント・朝食
・オファー・アメニティ

ポイント・朝食
・オファー・アメニティ

ポイント・朝食
・オファー・アメニティ
客室のアップグレード
一部スイート含む

一部スイート含む

一部スイート含む
ラウンジへのアクセス
客室タイプの保証
年間チョイス特典
(50泊以上)
年間チョイス特典
(75泊以上)
48時間前予約保障
アンバサダーサービス
your24

 

こちらを見ながら、米国(アメリカ)のSPG系のカードおよびMBAカードとも比較をしていきましょう。

 

マリオットボンヴォイアメックスカードとは?

マリオットボンヴォイアメックスカードとは、SPGカードの後継型とされており米国(アメリカ)ではすでにSPGカードを廃止し、こちらのマリオットボンヴォイアメックスカード(以降、MBAカードと勝手に命名しながら進めていきます)に統一がかけられております。

この流れに準じて日本でも『SPGカードがMBAカードに変更(統合)がかかるのでは?』という噂が流れています。
予想では2021年7月頃にその動きがあるのでは?とも予想されていますね。

 

 

仮に導入されるようになったら、今のSPGとの違いはどうなるのでしょう?
米国(アメリカ)のSPGと日本のSPGは内容が大幅に違い特典が盛り沢山になっているので、追加特典が無くただの移行であれば問題は無いのですが、仮にグレードが落ちてしまう事になってしまったら大変な事ですよね!?

という訳で、米国がSPGからMBAカードになった時の例を挙げてみましょう。

 

スポンサーリンク

米国でのSPGカードからMBAカードに移行した時はどうだった?

米国(アメリカ)でMBAカードに移行した時の例を挙げていきましょう。
SPGカードにも種類があり、それぞれがスターウッドプリファードゲストクレジットカードスターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスラグジュアリーカードスターウッドプリファードゲストビジネスクレジットカードとなっています。

それぞれを変更前、変更後で比較しながら見ていきましょう。

以降のカードの名称を略称を使いたいと思いますので仮に

  • スターウッドプリファードゲストクレジットカード ⇒ SPGカード
  • スターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスラグジュアリーカード ⇒SPGLuカード
  • スターウッドプリファードゲストビジネスクレジットカード ⇒ SPGBカード

 

そして、マリオットボンヴォイカードについては、

  • マリオットボンヴォイ アメリカンエキスプレス ⇒ MBAカード
  • マリオットボンヴォイブリリアント アメリカンエキスプレス ⇒ MBBrカード
  • マリオットボンヴォイビジネス アメリカンエキスプレスカード ⇒ MBBuカード

とさせて頂きます。

 

米国(アメリカ)版SPGカードとMBAカードの比較

米国でのSPGカードはこのようになっておりました。

SPGカード

年会費 $95(初年度無料) エリート会員のランク シルバーエリート獲得(年間3.5万ドルでゴールドエリート獲得)
入会ボーナス 最大75,000ポイント 無料宿泊特典 カード継続時に付与(35,000ポイント相当)
ポイント獲得
(通常の利用)
$1につき2ポイント エリート資格取得用
クレジット
カード継続時に15泊分の実績を付与
ポイント獲得
(マリオット系の利用)
$1につき6ポイント

 

MBAカードの内容については、特に変更点は無いようなのでそのまま省略したいと思います。

 

米国(アメリカ)版SPGLuカードとMBBrカードとの比較

こちらではSPGLuカードとMBBrカードを比較していきましょう。

 

SPGLuカード(上段)とMBBrカード(下段)

年会費 $450
$450
エリート会員のランク ゴールドエリート
$75,000のカード利用で
プラチナエリート
ゴールドエリート
$75,000のカード利用で
プラチナエリート
入会ボーナス 無料宿泊特典 1泊分
50,000ポイント以下の
ホテルに限る
1泊分
50,000ポイント以下の
ホテルに限る
ポイント獲得
(通常の利用)
$1利用で2ポイント
$1利用で2ポイント
$60,000利用時
無料宿泊特典
無し
1泊分
35,000ポイント以下の
ホテルに限る
ポイント獲得
(マリオット系ホテル
の利用)
$1利用で6ポイント
$1利用で6ポイント
フライト・レストランの直接予約時  $1利用で3ポイント
$1利用で3ポイント
カード更新時
宿泊実績
カード継続時に15泊分の実績を付与
カード継続時に15泊分の実績を付与
リッツカールトン・セントレジスを利用時の
クレジット付与
なし
$100
(2泊以上)
プライオリティパス
付帯
 本人+同伴者2名
本人+同伴者2名

 

こちらのカードを比較すると基本は変わりありませんが、『リッツカールトン・セントレジスを利用時のクレジット付与』の部分は追加されているので、若干ではありますがプラスに特典がありますね。

※入会ボーナスについては分かり次第、追記します。

 

米国(アメリカ)版SPGBカードとMBBuカードとの比較

最後にSPGBカードとMBBuカードとの比較をしてみたいと思います。

 

SPGBカード(上段)とMBBuカード(下段)

年会費 $95
$125
エリート会員のランク シルバーエリート
$35,000のカード利用で
ゴールドエリート
シルバーエリート
$35,000のカード利用で
ゴールドエリート
入会ボーナス 無料宿泊特典 1泊分
35,000ポイント以下の
ホテルに限る
1泊分
35,000ポイント以下の
ホテルに限る
ポイント獲得
(通常の利用)
 $1利用で2ポイント
$1利用で2ポイント
$60,000利用時の
無料宿泊特典
無し
1泊分
35,000ポイント以下の
ホテルに限る
ポイント獲得
(マリオット系ホテル
の利用)
$1利用で6ポイント
$1利用で6ポイント
ガソリンスタンド・レストラン等の直接予約時  $1利用で4ポイント
 $1利用で4ポイント
ホテル利用時の
クレジット付与
15泊分
15泊分

 

ビジネスカードでの違いは『年会費・直接予約時のポイントの量・$60,000利用時の無料宿泊特典』がメインとなっております。

なお入会特典については、情報がわかり次第追記していこうと思います。

比較をしていくと、いかに日本版のSPGカードが優れているかがわかりますね!
この状態でSPGからマリオットボンヴォイカードへの統合がされていくのであれば日本独自の特典を付けていかないと現加入者から不満の声が上がりそうですね。

 

世間の反応は?

 

やはり心配になってくるのは、今の条件より特典があるかですよね!
最悪、現状維持でも良いので名前だけの移行にとどめて頂きたいものです…

 

 

内容次第ですよね~。
状況によっては、現在がゴールド会員継続なのに対して下手したらシルバー会員まで下がる可能性があるので、統合によってどんな得点になるのか気になります!

恐らくですが、現状の特典はある程度は維持されるものだと信じておりますが、仮に統合されていくのであれば、今後の情報に期待していきましょう!

 

後継カードの販売開始はいつ頃?

日本でのSPGカードでの販売開始の情報は、現段階ではまだのようですね。
今の予想では、2021年7月には動きがあるのでは?との情報もありますので、最新情報が入り次第、追記をしていきたいと思います。

 

まとめ

SPGカードがマリオットボンヴォイカードに統合され『1つのカード』となるといった情報がありますが、結局の所はどうなるのかまだ未知数ですね…

仮に2021年7月に更新されるのであれば、そろそろ最新情報が世に流れても良いような気がしますので、今後の動きに注目していきましょう!

スポンサーリンク

良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。