箱根駅伝(第97回)総合優勝は駒澤大学!13年ぶり7度目!Twitterの反応は?

アイキャッチはTwitterより引用

激戦を戦い抜き、何と最後のドラマを飾り優勝をした駒澤大学

10区での最後の追い上げによって遂に1位に帰り咲いたその実力は本当に感動的でしたね!
おめでとうございます!

 

スポンサーリンク

各区の順位とタイム

各区の順位はこんな感じになっています。

  • 1区 15位 白鳥 哲汰 1時間03分47秒
  • 2区 8位 田沢 廉 2時間11分14秒
  • 3区 3位 小林 歩 3時間13分36秒
  • 4区 2位 酒井 亮太 4時間17分45秒
  • 5区 3位 鈴木 芽吹 5時間30分29秒
  • 6区 2位 花崎 悠紀 6時間28分05秒
  • 7区 2位 花崎 悠紀 7時間32分00秒
  • 8区 2位 佃 康平 8時間36分48秒
  • 9区 2位 山野 力 9時間46分52秒
  • 10区 1位 石川 拓慎 10時間56分04秒

 

中盤戦、ずっと2位をキープしていた選手たちの頑張りも素晴らしいですが、最後の最後の21km地点で遂に創価大学を捉えて1位に浮上した時には感動しましたね!

 

やはり箱根駅伝はレース展開がどのタイミングで変わってくるかはリアルタイムで見ていないとわからないですね!
こんな感動やアクシデントによるドラマ展開があるから面白い!
繰り上げスタートの際の、『目の前に次の選手が待っている』状態での悲しき号砲は、悔しさあふれますよね。

 

Twitterの反応は?

凄い激熱状態でしたよね!
『このまま創価大学が総合優勝になっていくのかな?』と思っていた矢先に徐々にその距離を追い上げて、最後に追い抜いた瞬間は感動的でした!

 

走り切った選手全員が素晴らしかったですよね!
創価大学も惜しくも準優勝になってしまいましたが、本当にお疲れ様でした!

 

 

大地さんからのコメントがありましたw
本当にどのタイミングで劇的なドラマが展開されるか全くわからないですよね!

青山学院大学も復路12位からのスタートで、最後に4位まで上り詰めたその圧倒的な実力に感動しました!
お疲れ様です。
来年、また素晴らしいレース展開がみられることを楽しみにしていますね!

 

 

戸田さんからも感動のメッセージがTwitterに投稿されていました!
今年の大会は、確かに怪我も棄権もない状態でタスキが渡されていったので、良かったですよね!

 

まとめ

優勝した駒澤大学さん、本当におめでとうございました!
選手・監督・控えの選手や家族に応援団と、全ての力が1つになった結果だと思います!
お疲れ様でした!

来年も素晴らしい走りとドラマを展開して頂けることを楽しみにしていますねw

スポンサーリンク

良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。