これって沖縄!?今話題の北海道の秘境『岩部海岸』の魅力をご紹介!場所はどこ?

みなさん、こんにちは。

北の大地『北海道』。観光にグルメ・自然を満喫と色んな魅力がありますよね?
そんな中、今Twitterで北海道の函館近郊近郊にある『岩部海岸』という場所が話題となっています。

どんな場所でどんな魅力があるのか気になりますよね?

今回はそんな岩部海岸の魅力についてご紹介していきたいと思います。
コロナで中々、外出できないからこそ色んな情報を得て楽しんでいきましょうね♪

 

スポンサーリンク

岩部海岸の魅力とは

岩部海岸は、北海道の福島町にある海岸です。

 

:公式岩部クルーズより引用

 

函館市より車で1時間半と少し長いようにも感じますが、『これも秘境のため!』と思いながら向かって行くと意外と近くに感じるものですw

美しい風景や感動できるものに出会う事に多少の時間が掛かるのは仕方がありません。

 

南米で有名なウユニ湖もかなりな時間を使いますが、その分感動が大きい事が間違いない事と同じですね♪(極端w)

 

そんな岩部海岸の魅力と言えば、沖縄と見間違えるほどの『綺麗な海』と『青の洞窟』という秘境があること。

岩部海岸のご紹介がありましたので、こちらにも載せておきますね。

 

岩部海岸とは

手つかずの大自然がそのまま残る道南の秘境

北海道福島町の東に位置する岩部集落。町内中心地から東に伸びる北海道道532号線は行き止まり。その先は海岸線に道路がなく、船でしか進むことができません。太古の昔より人が踏み入れることを拒み続けた故に残る大自然は、現在、松前矢越道立自然公園に指定されています。船でしか行けない秘境とも言えるその一帯を『岩部海岸』と呼びます。

この岩部海岸の成り立ちは、約250万年前までさかのぼります。福島町の西部は断層が多く、複雑で、さながら地層の標本のようだといわれる地帯。一方、岩部海岸のある東部は、西部に比べ比較的新しく形成された火山岩の地層。火山岩質が海岸近くまで分布し急崖をなしています。

福島町の地下に通っている青函トンネル。その開通のため、昭和22年~昭和53年頃に行なわれた地質調査では、他の市町村に比べ、地質、地層の研究と調査が詳細に行われました。当時国家事業であった青函トンネル開通の為に、日本国内の総力をあげて調査したことにより、岩部海岸一帯の成り立ちは解明されたのです。

 

自然あふれる北海道ならではの成り立ちなのかもしれませんね。

どうやら岩部海岸を満喫するには、『岩部クルーズ』にて観光する事が一番のようですので、次項ではクルーズを説明していきますね。

どんな体験ができるのか楽しみですね。

 

 

岩部クルーズとは?その魅力を徹底解説!

岩部クルーズは『一般社団法人 福島町まちづくり工房』さんが運営をしている企画となっているようです。

 

:公式youtube北海道福島町【岩部クルーズ】オフィシャルホームページ動画:青の洞窟編より引用

 

青の洞窟が綺麗ですね~♪。

そんな岩部クルーズさんから魅力についてご説明がありましたので、ご紹介したいと思います。

 

岩部クルーズの魅力①

心揺さぶる絶景と古の歴史

手つかずの大自然が残る道南の秘境『岩部海岸』を、小型船グラスボートで周遊する岩部クルーズ。
岩部漁港から矢越岬まで片道約5キロの航路を90分掛けて周遊します。

岩部クルーズの魅力は、眼前に広がるのは圧倒的な自然の風景。透き通った美しい海と航路のモニュメントである数々の奇岩。そして、幻想的な青の洞窟への侵入と、冒険心をくすぐるクルーズ探検を体験できます。また、岩部クルーズの搭乗員が、航路の各ポイントで語り継がれる深い歴史や、源義経や黄金の隠し財宝の伝説などのストーリーを語るガイドも魅力の一つ。その他にも、乗船者を癒し楽しませてくれる、イルカをはじめとする大自然の動物達との出会いや、ドローンを用いた記念撮影など、岩部クルーズの魅力は盛りだくさんです。

小型船だからこそ可能な航路を周遊する90分間は、感動的で魅力あふれるクルーズツアーとなることでしょう。

:公式岩部クルーズより引用

 

岩部クルーズの魅力②

野生の動物にも出会えるかもしれない

手つかずの大自然が残るこの場所だからこそ出会える動物達がたくさんいます。
出会えるかどうかは運次第になりますが、陸には野生の熊や鹿、小動物、海にはイルカ、飛び跳ねる大群の回遊魚、そして出現率は低いですが、クジラやシャチ、寒くなるとオットセイにも出会えるかもしれません。空には岩部クルーズのロゴマークにも使用されているハヤブサを筆頭に、海鵜やミサゴの渡り鳥なども多く見ることができます。動物達が、陸・海・空から皆さんをお出迎えしてくれます。

:公式岩部クルーズより引用

 

続いて、『IWABE HEADS』という仲間の意味もありましたので、載せておきます。

 

岩部クルーズのコンセプト

岩部クルーズのコンセプトと呼べる合言葉。

元々音楽業界のスラングで『◯◯が好きな人たち』『熱狂的ファン』などを意味する言葉『HEADS/ヘッズ』。私達はその言葉通り、岩部という場所を愛し、岩部を好きになってくれる人(ファン)を増やすことを一つの目的としています。岩部クルーズのスタッフをはじめ、乗船して下さるお客様は、岩部クルーズを通じて出会う大切な仲間。そんな仲間達を総称し『IWABE HEADS』と名付けました。秘境と言える大自然を周遊し、あなたも是非『IWABE HEADS』の一員になってください。

We are Iwabe heads!!

:公式岩部クルーズより引用

 

岩部クルーズの自然にかける想いが伝わってきますね~。
一人でも多くの人が、この岩部海岸の魅力の虜になって頂けるような作りになっているようです。

そんな魅力あふれる岩部クルーズのルートをご紹介してきたいと思います。

 

岩部クルーズのルートをご紹介

それでは、岩部クルーズをご利用した時のルートをご紹介していきたいと思います。

 

:公式岩部クルーズより引用

 

ここにタイトル

福島町内 岩部漁港〜矢越岬を往復

岩部クルーズの航路は片道約5キロを90分掛けて周遊します。
岩部漁港を出港後、すぐに現れる数々のガイドポイント。航路内は全て福島町内で、耳岩周辺、船隠しの間、ツヅラ沢周辺、青の洞窟、矢越八幡神社など、数々のモニュメントを巡ります。乗船者の皆様それぞれのハイライトスポットを是非見つけていただきたいです。

:公式岩部クルーズより引用

 

90分の移動ともなれば、かなりな時間を使って岩部海岸を満喫できそうですよね♪
私も行ってみたい!

そして最近では、岩部クルーズに新しいクルーズ船が完成したらしく、『グラスボート』が誕生したみたいです!
ますます、楽しくなる魅力が溢れる事間違いないでしょう。

次項では、新造船『グラスボート』について、見ていきましょうね。

スポンサーリンク

 

『グラスボート』誕生!その魅力とは?

海底の見えるグラスボート

岩部クルーズは、2019年春、ついに新船グラスボートが完成。道南では非常に珍しい本格的なグラスボートは、周遊ガイドの他に、透き通った海中の魚やウニ等、岩部海岸の海の生態系も直接覗き込むことが可能で、幻想的で唯一無二の体験ができます。

:公式岩部クルーズより引用

 

グラスボートは、2019年に完成したばかりの新造船!
写真がありましたので、掲載したいと思います。

:公式岩部クルーズ グラスボートより引用

 

船の中央にある黒い長方形の部分から海中を見る事が出来るみたいですね~。
これはちょっとした潜水艦気分♪

そんなグラスボートの魅力について、公式からご説明がありましたので、こちらでもご紹介していきますね。

グラスボート“ROSE WOOD”

岩部クルーズでは現在、みなみ北海道で唯一となる『海底が見えるグラスボート』でお客様をお待ちしております。
この岩部クルーズ専用船は『ROSE WOOD』と名付けられ、航路上の伝説が残る小さな島が名前の由来。乗船する皆さまで海底を覗ける長さ1メートルのグラス(強化ガラス)を2枚備えていることが一番の特徴です。

この専用船は、動力である船外機以外、全て地元福島町の造船所で作られました。
造船は、長年地元の漁師たちの船を造ってきた『小笠原造船所』に依頼。昆布漁などに使う漁船とは異なり、二回り大きく、しかも初めての観光専用グラスボートという難題をぶつけ、試行錯誤の上、2019年3月についに完成いたしました。 この北海道の小さな町の岩部クルーズにおいて、専用船を地元の高い技術で造られたことを誇らしく思うと同時に、定期的なメンテナンスによる安全性を保てることは、岩部クルーズにとって非常に重要なことです。

グラスボートから覗き見る海の生物達

岩部クルーズの航路である岩部海岸は海の透明度が高く、綺麗な浅瀬では、魚、ウニ、昆布、小魚の大群など様々な生物を覗き見ることができます。 航路では、運が良ければイルカの群れの併走や、グラスボートの底を潜り抜ける様子もご覧いただけます。 学習体験として、子供達には大変喜んでいただけるのは勿論、水族館とはまた違った津軽海峡のリアルな海底を覗き見ることが可能なクルーズ体験は、大人達にも大変好評です。 中には、海底のウニを見て『無性に食べたくなってきた』というお客様も。 また、青の洞窟内でも神秘的に光った海中をグラスから覗き、洞窟内に住む魚や海底を見ることもできます。 岩部クルーズでの体験は唯一無二の思い出となるはずです。

:公式岩部クルーズ グラスボートより引用

 

海が綺麗だと美しい魚達も寄ってきやすいので、これは見ごたえがありそう!
海でのリアルな生態を見る事が出来るので、解説の通り『水族館とは違った体験』が出来る事間違いなしです!

私も見に行ってみたいです♪
以前、グアムに行った時は、時期が悪かったのか、潜水艇に乗ってもほとんど魚を見る事が出来なかったので(涙)

グラスボートの動画(PV)もありましたので、こちらでもご紹介しますね。

 

北海道福島町【岩部クルーズ】オフィシャルホームページ動画:グラスボート編より引用

 

綺麗ですね~♡
青の洞窟に入ってくる日差しと共に海の綺麗さと魚たちの魅力が溢れているように見えます♪

そんな、岩部海岸の2020年8月現在の運行状況はこちら

 

1便 / 8:00-9:30 2便 / 10:00-11:30 3便 / 13:00-14:30 備考
4月 ×運休 ×運休 ×運休 コロナ感染拡大防止のため運休
5月 ×運休 ×運休 ×運休 コロナ感染拡大防止のため運休
6月 満員御礼 満員御礼 満員御礼
7月 満員御礼 満員御礼 満員御礼 7月は満席となりました
8月 運航 運航 運航 繁忙期日程あり(下記明記)
9月 運航 運航 運航 9月の週末は満席となりました
10月 11日まで運航 11日まで運航 11日まで運航 10月11日までの運航
11月〜3月 ×運休 ×運休 ×運休

※2020年8月19日段階での予定です。

:公式岩部クルーズ 予約画面より引用

 

状況を見る限りでは、8月後半と10月1~11日までの期間しか対応できない雰囲気ですね💦
それだけ、岩部クルーズさんが人気の強い証拠でしょう!

まだまだ、時間はあります!
ぜひ時間を作って北海道の新しい魅力に触れあいましょう。

ちなみに料金の方は、下記の様になっています。

 

基本料金
所要時間 大人一名 / 中学生以上 小人一名 / 小学生以下
基本コース 90 分 3,000 円 1,500 円
団体のお客様は短縮(30 分・60 分)コースもございますのでご相談ください。
オプションサービス料金
船上ドローン記念撮影 写真 1,000 円 / 一枚
データ提供 500 円 / 一人

:公式岩部クルーズ 予約画面より引用

 

3000円Σ(゚Д゚;)!!!
安い!
ドローンの料金を合計しても、それほど金額はかからないみたいですね♪

お得感満載な『岩部クルーズ』。
皆さんもぜひ1度は訪れて見ましょう。

 

Twitterの反応は?

以下、Twitterの反応です。

シンプルに『最高!』。
綺麗な景色には、余計な言葉はいらないですよね♪

公式『岩部クルーズ』さんからも、コメントがあったみたいです。

 

 

オフィシャルサイトですらもビックリするほどの大盛況Σ(゚Д゚;)!
ますます体験してみたいです!

 

まとめ

今回は北海道の新しい魅力、『岩部クルーズ』さんをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

北海道の色んな町では、少しでもお客さんが満足できるような町おこしを行っています。
これからの時代は、今までに体験できなかった、隠れていた魅力がもっと観光する上で楽しみになってくることでしょう。

みなさんも色んな発見をしてみませんか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。