2021年のお正月の初詣!行くならコロナ対策はどんな感じ?冬のおススメマスク5選!

新型コロナの影響で自粛モードが続き、中々外出する事が困難になっている昨今ではありますが、新年を祈願する初詣に向かう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『コロナの影響は心配だけど、折角だから、今までの感謝と今年1年をお祈りしたい!』という人もいますよね。

行くのであれば、しっかりとコロナ対策を!
という事で、冬のコロナ対策のおススメなマスクを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

冬用マスクのおススメ商品

マスクは、やっぱり必需品ですね!
冬用のマスクを着用する事で防寒対策にもなりますし、飛沫感染も防げるので一石二鳥とも言えます。

 

ミズノの『ブレスサーモマスクカバー』

 

 

調べてみたら、このミズノの商品は『体から発生する水分を吸収し発熱』をするらしいので、マスクの内側から暖かくなるようになっているみたいです。

 

ブレスサーモマスクカバー

体から発生する水分を吸収し発熱する、快適な保温素材〈ブレスサーモ〉。吸湿性能にも優れ、吸湿・発熱した空気を繊維間に取り込んで保温。
汗をかいてもムレにくく、ドライで快適な衣服内環境を保ちます。
温かさはもちろん、汗処理や着心地など、快適性能も追求した寒い季節に欠かせない、ミズノ独自の機能素材です。

ミズノ ブレスサーモマウスカバーより引用

 

折角外出するのであれば、少しでも暖かい商品の方が楽ですし、呼吸が籠らないのであれば最適だと思うので、この商品は使ってみたいですね!

 

 

中々な高評価なようです!
私も1つ買ってみようかな?

 

ヨネックス『ヒートカプセルフェイスマスク(通称:暖マスク)

ヨネックスのヒートカプセルフェイスマスクも2021年1月に販売されるようですね。

 

 

この商品も赤外線を使い充熱するらしく、暖かさを保てるようになっているようです。

 

ヒートカプセルフェイスマスク

このたび発売する新製品「暖マスク」に搭載しているヒートカプセル機能は、太陽光と人体から発する赤外線を熱に変換し、繊維内に熱を閉じ込める充熱システムです。
上記機能に加え、ノーズワイヤーによってマスク上部から息が漏れ出るのを抑えるとともに、両頬のプリーツにより息が抜けやすいため、眼鏡が曇りにくい設計としております。さらに内側の生地には抗菌加工を施し、天然植物成分の配合により保湿効果もプラス。乾燥が気になる冬でもマスク内を快適に保ちます。本製品は洗濯することで繰り返しお使いいただけます。

ヨネックスより一部抜粋

 

暖かいうえに連続使用が可能という事で、これからの寒い季節が訪れる1月や2月の使用に最適な状態で外出できそうですね!

説明文によると、『プラス3℃暖かく』なるそうですよ!

 

ユニクロ『エアリズム』

ユニクロのエアリズムは、前回の販売の際に大人気商品となっていましたが、その改良版(秋冬モデル)が登場しているみたいですね。

 

 

こちらは冬用商品は展開されていないようですが、それでも人気の商品であり前回の販売時より通気性を向上させているので、初代モデルよりも呼吸が行いやすいみたいです。

 

 

私も普通のマスクを着用していると最初は問題ないのですが、冬の寒さや乾燥によってマスク内が湿気で気持ち悪くなってくるので、こういった通気性が良い物や付けていてストレスの感じない商品は使いやすいので、良いですね!

ユニクロさんのマスクはかなり人気が高いとの情報もあったので、一度購入してみたいです(笑)

 

スポンサーリンク

ダイヤ工業『murenMASK』

ムレンマスクも冬用の商品として改良がされたみたいです。

 

 

 

天然のアロエ成分による保湿効果で肌の乾燥にも対応しているので、肌の潤いも保てるようになっているみたいですね。

 

 

『立体設計で空気の通り道を作る』、『伸縮生地で優しい着け心地』『アロエ成分の保湿加工』『抗菌加工』 『ジッパー付きマスクケース付き』とあって、付け心地も良さそうですね!

 

ニューハイツ『高機能フェイスマスク』

滋賀県の進行スポーツブランド『new  Heights』からも高性能マスクとして冬用の商品が販売されているみたいです。

 

 

高性能フェイスマスク

表地の素材は呼吸がしやすい吸水放出の撥水素材を使用しています。
通常のコーティング撥水の素材では、含水率が20%を超えると吸水が追いつかなくなり結露が発生します。
この表地の素材は含水率が非常に高く、200%まで吸水が可能です。
冬の寒い時期には、結露が発生しないため一日中快適にお使いいただけます。
ランニング・有酸素運動の際にもマスク内の汗や蒸れを防ぎ快適な付け心地でサポートします。

ニューハイツ 高性能フェイスマスクより一部抜粋

 

こちらもミズノと同じ様にランニングや運動をする人にとって、蒸れにくい仕様になっているので冬用としては使いやすい商品ですね。

 

 

ストレスを感じないのはマスク慣れをしていない人にとっては快適化もw
こちらの商品も1度試してみたいですね!



まとめ

コロナの影響で様々な環境に対応しているマスクが販売されており、その種類や性能も各メーカーによって沢山ありますね。

もちろん、この他にも各メーカーさんから独自のマスクが販売されているので、今回ご紹介したメーカーだけにとどまらず『自分に合った』物を探してみると良いと思います。

折角の初詣!
少しでも感染対策や防寒対策を取りながら、新年の参拝を行いましょうね。

 

魔法陣を使ったコロナ対策が話題に!魔法陣飛沫防止パーティションとは?

良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。