今村聖奈さんの年収を予想!今後の獲得賞金や活躍も合わせて推測してみた!

サムネイルはTwitterより引用

2022年3月に初騎乗・初勝利を挙げ、同年7月に重c賞(CBC賞・G3)にて優勝を果たした今村聖奈騎手!

デビューから約半年の期間で一気に実力を見せつける形を示しましたね。
今後の活躍が更に期待できそうです。

そんな今村聖奈さんの年収はいくらになっていくのかを推測してみました。

 


スポンサーリンク

 

現在の今村聖奈さんの年収は?

現在の今村騎手の年収は、今後の期待値から『億円』ではないかと予想されます。
ちなみに騎手が獲得できる賞金の詳細としては、『進上金(レース賞金)、騎乗手当、騎乗契約料、調教料』で構成されているみたいですので、1つずつ見ていきましょう!

次の項目の【今後の活躍も予想!】項目と合わせてご覧ください。

 

進上金(レース賞金)はいくら?

こちらのツイートにあるように、基本は『騎手賞金の5%』 が勝利騎手に入る事となっているみたいですね。

 

 

5%という数字は大会が大きくなればなるほど、物凄い金額になってきますよね…
その規定はどのようになっているのか調べてみました。
『レースマップ』というサイトに載っており、このような説明を行っております。

 

騎手にとって最も大きな収入になるのが進上金です。騎乗馬が好走して賞金圏内に入れば、騎手には賞金の一部が与えられます。賞金のうち、平地競走と呼ばれる通常のレースでは5%、障害競走では7%が騎手の取り分となっています。

例えば11月末に東京競馬場で行なわれるジャパンカップは、1着賞金が2億5,000万円であるため、1着馬に騎乗していた騎手は1,250万円の賞金を得られます。

G1以外でも、中央競馬なら1着賞金は400万円以上ですから、勝つことができればそれなりの収入を得られることが分かります。ただし、地方自治体の主催する地方競馬になると、賞金規模は小さくなります。1着賞金が20万円程度のレースもあり、同じ騎手でも、中央競馬と地方競馬では大きな差があることが分かります。

レースマップより引用

 

このことから、今村騎手が参加し優勝した大会は2022年8月段階で中央で『3億690万円』、地方で『346万円』を獲得している状況なので…

  • 3億1036万円 × 5% =1551万8000円
    となります!

 

社会に出てまだ半年くらいの状況で、この収益には正直驚きます(笑)

 

騎乗手当はいくらになるのか?

騎乗手当は、『レースが決まった時点で支払われる手当』となっており、ある程度金額が範囲の中で決められているとされています。

平地競争で2~6万円、障害競走で7万~14万円とされており(4~8万という説もある)、今村選手が8月段階で500回以上出走しているので、平均値の6万円で計算してみると…

 

4万円 × 500回  = 2000万円
※少なく計算したとしても1000万円

となります。
これだけでも驚異的な数字ですよね!

 

もちろんわたし達の目には見えない出費があると思われるので、そのままの金額が手元に入るわけでは無いと思いますが、それでも一般の人から見たらかなり凄い金額ですよね!

 

騎乗回数が多いという事は、もちろん勝利に貢献しているからこその依頼だと思いますし、それだけ今村騎手の実力及び馬の能力が高く、お互いの力が一致している証拠でもあると思います。

このままいけば、騎乗手当だけでも5000万以上のお金を獲得できる可能性が高いので、この凄さには正直圧巻としか言いようが無いと思います!

ちなみに、皆さんご存じの『武豊』騎手の今年の出走回数は約750回

単純計算で行っても、4500万円くらいな金額になってきているので驚きですよね!

これから益々、騎乗回数が増えてくることだと思いますので、更に飛躍していきそう。
楽しみですね。

 

騎乗契約料はいくらなのか?

騎乗契約料とは、騎手が所属している厩舎の馬でレースに出場した時に支払われる報酬とされています。
厩舎に所属している騎手のみが得られる報酬とされており、フリー騎手には支払われる事はないそうです。

金額の設定は厩舎や騎手によって異なりますし、契約内容次第で金額がかなり変動があると思いますので、一概に算出する事はできません。

色々調べてみましたが平均値等の情報も無いので、こちらに対し今村騎手が料金を受け取っているのか定かではない為、算出できませんでした。

分かり次第、追記を行いたいと思います。

 

調教料はいくらなのか?

こちらは騎乗契約料とは逆で、『厩舎に所属しないフリーの騎手が競走馬の調教を手伝う場合に支払われるもの』とされていますが、料金に関しましては1回当たり数千円との事。

仮にですが、年間100頭の調教を行ったとして、1回の料金を4000円と計算してみると、4万円くらいな金額ですので、確かに大きな金額とは言えないと思います。

 

その他の収益源は何?

これは人によると思われますが、一番わかりやすいのはTVなどの出演料だと思います。
1つ1つ見ていきましょう。

 

CMへの出演料

今村さんは、ホリプロに所属をしています。
ホリプロは給料制とも言われており、実績次第ではかなりな年収を獲得できると思われますが、新入として入った場合、平均ではありますが『大学卒で月給23万5000円』との噂も…

今村騎手は、学歴で行くなら中卒。
仮にですが、中卒である事・知名度が伸びてきている事・これからの期待値として、20万円の月収として計算してみると…

 

20万円 × 12か月 = 240万円

となります。

合わせてですがTV出演やCM等の依頼が来た場合、それにプラスされていく事になるのでかなりな伸びしろを持っているのでは?と推測する事が出来ます。

ちなみにCM出演料は公には公表されていませんが『無名モデルでも出演料は最低20万円』という情報から予測するなら、今村さんは徐々に有名にもなってきているので20万円あたりからのスタートになる可能性が高いと思われます。

 

TVへの出演料

こちらも出演される度に報酬が支払われると思われますが、出演する時間帯や有名であるかどうかによってかなりな差があると言われています。

 

 

 

新人の場合、『1回の出演での平均は3万~5万円』とも言われ、ゴールデン枠に出演できるようになると1回が10万~20万という噂もあります。
超有名俳優さんだと1回で数百万円動くとも…

徐々に知名度や影響力が上がってくると、その金額も伸びてくるみたいですが、今村さんはまだそれほどTVには出演されていない事から、多くても20万円くらいではないかと予想されます。

合わせて事務所ごとに違いますが、ホリプロさんとの契約の中で比率があるみたいで、こちらは「事務所5:芸能人5」とも言われていますので、成果報酬の半分が今村さんに入る事になるのでしょう。

出演する機会がもっと増えて来て知名度や影響力が更に増えてくると、出演料も高くなってくると思われますので、その時が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

今後の活躍を予想!

ここからは、今村騎手の今後の活躍を予想していきたいと思います。

 

競馬では勝利数が70勝越え・G1勝利数2勝!

競馬での年収での計算の仕方は12月末まで
そこから予想するのであれば、現段階(8月中旬)という流れから、この予想を立てました。

理由としては…

  • 徐々にその才覚を表しだしてきている事
  • G1出場、間違いなし!
  • 残り期間から逆算

という理由から、あくまで個人的な予測ではありますがその形は作られていくのではないでしょうか?

 

勝率が高いという事は、それだけ騎乗回数が増えてきますし、G1を制する事が出来たなら更にその条件を満たす可能性が増えるという事ですよね。

 

もちろん、G1クラスの出馬ともなれば、簡単に優勝を果たすことは出来ないでしょう。
ライバルたちも強豪になってきますし、どれだけ今までの自分を出し切れるかにも関わってきます。

簡単な道のりではないと思いますが、それでも2勝はできるのでは?と期待してしまう面もありますので、あと数か月の中で実現して頂きたい成果でもあります。

それに合わせて、最多勝利数も今村さんが更新できるのでは?とも思ってしまいます。
ちなみに、新人での最多勝利位数は2014年の松若風馬選手の『47勝』となっております。

 

 

 

三浦皇成騎手の91勝は難しいのかもしれませんが、武豊騎手の69勝は越えて欲しいという個人的期待も込めて70勝としてみました。

ぜひ達成に向けて更に精進して良き報告が流れてくることを楽しみにしています。

 

TV出演とCM出演の増加

芸能事務所『ホリプロ』に所属した事もあり、今後の活躍次第ではどんどんと出演回数が増えてくるのでは?と思われます。

 

 

もちろん出演だけが今村騎手への良き流れとなる訳ではありませんが、スポーツ選手のマネージメントも行っているホリプロさんだからこそできる事があると思います。

競馬関係のCM等に起用される事もあるかもしれませんし、その他で今村騎手をピックアップしてくる可能性もあります。

どんな形になるのかは分かりませんが、今後の活躍に期待が膨らむばかりです!

 

過去の新人の最高獲得賞金は?

新人での過去最高金額は、91勝を果たした三浦皇成選手の『170億(手取り8億5千万)』が過去最高では無いでしょうか?

この辺りは、詳しい情報が載っていなかったので勝率と獲得賞金だけで推測しております。
出場する大会(勝利数)を含めたら、G1とG3や通常の大会の勝利数からは予測はできませんが、それでも、この金額はかなりな高水準になっていると思うので参考にしてみました。

 

冒頭での3億円は、あくまでも予想ではある中で、重賞への参加率や勝率・今後の日数からの予測で、その辺りまでは上昇していく期待を込めての金額とさせて頂きました!

 

ちなみに69勝利を収めた武豊騎手の当時の金額は『8億6242万円(手取り約4312万)予想』とされています。
時代によって・勝利した大会によって金額の変動があるので一概に参考にはならないと思いますが、三浦皇成騎手のをベースに考えるなら、勝率次第で3億はいくのでは?と思います。

それに合わせて、勝率が上がる=知名度が上がるという事で、ホリプロさんからの色んなイベントへの案件紹介も見込めるので、更に飛躍していくのでは?

皆さんの予想はどんな感じだと思いますか?

 

海外での新人騎手の平均年収はいくら?

こちらに関しては、詳しい情報が載っていなかったのですが、少しだけ参考になる情報がありました。

それは、イギリスでの新人の平均年収は『約500万円』であるという事。
そう考えるなら、日本の中央競馬の報酬がいかに高いのかが想像できますね!

ちなみにですが、日本と世界を調べた時の『生涯獲得ランキング』を調べてみましたが、かなり日本人が圧倒している事が分かります。
2021年段階のデータからの参照にはなりますが、そのこちら…

 

順位 名前 勝利数 賞金額
1位 武 豊 日本 4249勝 7億9610万ドル
2位 横山 典弘 日本 2840勝 5億6063万6800ドル
5位 ジョン・ベラスケス プエルトリコ 6258勝 4億3064万7646ドル
8位 ハビエル・カステラーノ ベネズエラ 5328勝 3億5478万5963ドル

 

今回は、2021年までの総合獲得賞金をベースに載せていきました。

金額だけで言うなら武豊騎手の『7億9610万ドル』がもちろん最高です。
しかし、勝率で言うならジョン・ベラスケス騎手の様が圧倒的に上。

それだけ日本の獲得賞金の量が多い事が証明されますね。

海外に出るメリットどこにあるのかは今村騎手の考え方になりますので、賞金に囚われない世界的な視野を取るのであれば海外進出もあり得るでしょうし、賞金だけを目指すなら日本国内で活躍する可能性も在ります。

どんな選択肢をしていくのか、今後の活動に期待ですね!

 

まとめ

今村騎手のこれからの今年の年収に対し、予想してみました。

正直、出場する大会次第では金額はかなり変動していくので、大幅に上回る可能性が大きいですが予想してみました。

今、経験を積みながら着実にどんどんと成長をされている今村騎手を想像するなら、これ以上の成績を残していきそうな予感もしますので、これからの更なる活躍を期待して暖かく見守っていきましょう!



良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。