渡部建さん、年末のガキ使に向けて再調整!出演は見合わせしお蔵入り?

サムネイルはYahooより引用

記者会見を終え、週を跨いだタイミングで渡部建さんの情報が新たに入ってきましたね。

年末に放送されるダウンタウンの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』への参加の見合わせを行う様です。
どうやら見えている世間の反応以上に、かなりな批判が相次いでいるようです。

 

スポンサーリンク

お蔵入り確定!?

スポニチの記事一覧

日本テレビが、大みそかの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」特番で電撃復帰を予定していた「アンジャッシュ」渡部建(48)の出演部分を“お蔵入り”にする方向で調整していることが6日、分かった。

多目的トイレなどでの不倫騒動で、6月から無期限活動自粛中の渡部。公での説明は避け続けていたが、同番組での復帰と極秘収録参加が先月の本紙報道で明らかに。本人が雲隠れする中で復帰計画が先立ったことで、世間で批判の声が高まっていた。

それを受けて渡部は、急きょ今月3日に謝罪会見を開いた。批判をかわす狙いもあったとみられるが、大みそかの出演を見合わせる方向になったのは「世間の批判が根強いことを考慮して局が判断した」(同局関係者)という。

電撃復帰をお膳立てしたのは、渡部がレギュラー出演していた同局の人気番組「行列のできる法律相談所」の中心スタッフだった。今回の年末特番にも参加しており、渡部側と出演交渉して先月18日に収録を行った。同局関係者は「温情から渡部さんの復帰を考え、サプライズ出演を計画したが世間の空気が分かっていなかった。渡部さんの参加は出演者も知らなかっただけに、そこにも多大な迷惑をかけてしまった」とした。

「ダウンタウン」松本人志(57)は、この日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、年末特番について「お子さまからおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめる番組に仕上がっていると思うので、ご覧くださいとしか言いようがない」と発言。渡部の復帰に向けては相方の児嶋一哉(48)の存在を挙げ「もっと相方と向き合うべき」とアドバイスした。

3日の謝罪会見で渡部は復帰について「白紙」と明言した。年内いっぱいを意図していた自粛期間も「再度話し合う必要がある」としており先行きは不透明なままだ。日本テレビの見込みが甘かったこともあって、さらに復帰を遠ざけたと言わざるを得ない結果となった。本紙の取材に同局はコメントしなかった。今後どのような対応をするのか注目が集まる。

▽渡部の会見 報道陣200人が集まる中、汗だくでしどろもどろになりながら約1時間40分対応。複数女性と多目的トイレを用いた不貞行為に及んでいたことを認めた。一方で年末特番に関する質問は10回以上出たが「お答えできない」の一点張り。収録に参加したかについても「ごめんなさい」と答えなかった。松本は会見直前にツイッターを更新し、「オレと渡部の共演は当分ないと思うよ~」と投稿していた。

スポニチ公式HPより引用

 

やはり、渡部さんが思っている以上に世間の目はまだまだ厳しいようですね。
復帰を焦らず、まずはご自身がしっかりとこの問題に向き合う必要があるのでしょう。

ダウンタウンの松本人志さんも『共演は当分ないと思うよ~』や『お子様からおじいちゃままで楽しめる番組に仕上がってると思う』というお言葉からも、(恐らく)ガキ使での渡部さんの復帰は無いのでしょう。

①収録が終わり会見の反応を見て、再調整に至ったのか
②オファーをして収録予定であったけど、会見以降の世間の反応が予想以上に大きかったためなのか

真実は当事者達しかわからないのかもしれませんが、どちらにせよ自粛になりそうな雰囲気ですね。

 



Twitterの反応は?

 

私も番組自体は見ますw
個人的には登場する事自体には何も反応しないかもしれませんが、ネタとして出演をされるのであれば、恐らく不謹慎な感じはします。

 

 

問題発覚後にすぐに会見は同意です。
世間の目が落ち着くタイミングを見計らったとか、言い訳を用意していたと思われても仕方がないかもしれませんね。

 

 

ご本人も色んな想いの中で苦しいのかもしれませんが、一番苦しいのは佐々木希さんだと思います。
そのことをしっかりと受け止め、復帰を焦らずに無理をせず『今自分にできる事』に注力を注いでください。

 

まとめ

ここ数日でかなり渡部さんの動きが見えてきていますね。

世間の反応をしっかり受け止め、焦らずにご迷惑をお掛けした人達に対応し、自分がしたことを反省してからの復帰を切に願います。

渡部建さんの記者会見を見た世間の感想や反応をまとめてみた!活動再開はどうなる?

スポンサーリンク

良かったらシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。